aga(はげ薄毛) aga(はげ薄毛) 治療 aga(はげ薄毛) 食事

髪の毛に良いイワシの力

eggtomo

eggtomo

20代で薄毛に悩み始め,25歳になり,AGAスキンクリニックにてAGA治療を開始しました。現在はある程度髪の毛が生えてきて,自分に自信が持てるようになりました。

 

いわしで髪の毛が生えてきたという話をよく耳にします。一体,いわしの何が髪の毛に良い影響を与えているのでしょうか?

 

はげ薄毛改善で見直すべき食生活。バランスよく栄養素を補給したい食事ですが,これがなかなか難しいですよね。

筆者ははげているときに食事を改善しようと色々調べた結果,「いわし」で育毛・発毛ができるといったブログをたくさん見ました。

テレビ「名医のTHE太鼓判」でもお笑い芸人,我が家の坪倉さんがイワシ缶を使ったはげ薄毛改善を行って効果が見られたりしてました。

今回は,イワシの何がはげ薄毛改善を促進しているのか調べてみました。

この記事でわかること

✔いわしはなぜはげ薄毛に良い効果をもたらすか
✔いわしの栄養素

↓筆者の髪の毛が増えた体験談はこちら↓

1.そもそもいわしとは?

一般的にいわしは以下のような説明がされています。

日本で「イワシ」といえば、ニシン科のマイワシとウルメイワシ、カタクチイワシ科のカタクチイワシ計3種を指し、世界的な話題ではこれらの近縁種を指す。

海水魚で、沿岸性の回遊魚である。遊泳能力が高く、群れで行動する。全長は成魚で10cm–30cmほどである

プランクトン食で、微小な歯がある。体は細長く、断面は円筒形ないしやや側扁(縦長)。背が青く、腹が白い。赤身の青魚である。鱗が剥がれやすい。

wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%AF%E3%82%B7)

2.髪に良いイワシの栄養素とは

はげ薄毛改善において気になるのはいわしの栄養素。

以下のように説明されています。

栄養面では、DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸を豊富に含む。CoQ10も含まれる。その一方でプリン体も多量に含むため、高尿酸血症(痛風)の患者やその傾向にある者は摂取を控えるように言われることもある。

wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%AF%E3%82%B7)

ここで大事なのはEPA(エイコサペンタエン酸)という栄養素!

EPAには体内の悪玉コレステロールや中性脂肪の低下、血流を良くすることによる血液凝固(血栓)などの働きがあります。この効果により脳卒中や心筋梗塞になりにくくし、さらに悪玉コレステロールや中性脂肪を減らすことで高脂血症・動脈硬化も防いでくれます。 

http://www.minamitohoku.or.jp/up/news/minamitouhoku/topnews/201210/epa.htm

EPAには血流を良くする力があり,血流が良くなることで,頭皮に栄養素が運ばれやすくなり,髪の毛に十分な栄養を与えることができますね。

また,中性脂肪の低下も期待でき,肝臓の負担を減らすことができそうです。

3.サプリメントでEPAを補給

血液をサラサラにしてくれるEPA!

お手軽にサプリメントで補給することも可能です。

毎日,イワシばかりで飽きてきたけど,EPAの摂取は続けたいという方はサプリメントでのEPA摂取も効果的じゃないでしょうか?

↓詳しくはこちらから↓

4.まとめ

EPA(エイコサペンタエン酸)が豊富なイワシを食べることで,血流が良くなり,頭皮へ栄養が運ばれやすくなり,育毛・発毛へとつながります。

中性脂肪の減少も見込まれることから健康的な体を作るためには大事な食材でした。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
eggtomo

eggtomo

20代で薄毛に悩み始め,25歳になり,AGAスキンクリニックにてAGA治療を開始しました。現在はある程度髪の毛が生えてきて,自分に自信が持てるようになりました。

-aga(はげ薄毛), aga(はげ薄毛) 治療, aga(はげ薄毛) 食事
-, , , , ,

© 2021 AGA治療・効果・体験談 Powered by AFFINGER5