AGA・薄毛 AGA・薄毛治療 AGA・薄毛特徴

AGA治療薬やミノキシジル外用などの薄毛治療に科学的根拠はある?

その薄毛治療根拠あるの??

実は薄毛治療の科学的根拠を示すガイドラインなるものが存在します!

そして、この記事では日本皮膚科学会から発表されている「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン(2017年版)」の内容を筆者の言葉でまとめてみました。

筆者は2019年9月からAGAスキンクリニックで薄毛治療を行っています。

治療内容としては、AGA治療薬(デュタステリド、ミノキシジル、栄養素を配合した飲み薬)、LED治療へアビーム、頭皮注射の3点セットを選んだんですが、そもそもこれらの薄毛治療法に根拠ってあるんだろうかとふと思い

調べたところ、学会が発表しているガイドラインで薄毛治療の有効性が分かるとのことだったので、筆者の薄毛治療に問題はなかったのか、効果はあるのかなどを参考までにご覧ください。

\筆者の薄毛治療体験談はこちら/

この記事で分かること

  • 筆者の薄毛治療(内服薬・LED治療へアビーム・頭皮注射)に有効性はあるのか?
  • 筆者の薄毛治療以外に有効な薄毛治療はあるのか?
  • やってはいけない薄毛治療はあるのか?

1.ガイドラインではAGA治療の推奨度を5段階で分類

当ガイドラインでは論文や試験,研究をもとに様々なAGA治療の推奨度(治療の有効性)を(A、B、C1、C2、D)の5段階で分類しています。

具体的な評価内容は以下のとおり

A  行うよう強く勧める
B  行うよう勧める
C1  行ってもよい
C2  行わないほうがよい
D    行うべきではない

5段階評価で分かれているので筆者のような薄毛治療素人にも分かりやすい内容となっています。

推奨度B以上の評価を受けると薄毛治療の有効性の信ぴょう性が高いものと思われます。

さらには女性の薄毛治療効果についても言及されており、女性で薄毛にお悩みの方も参考になるガイドラインとなっています。

2.ガイドラインで根拠があり、有効とされたAGA治療とは?

とりあえず、ハゲ薄毛治療で推奨度B(勧める)以上の評価を受けたAGA治療法を表にしました。

aga治療内容推奨度
フィナステリド内服A(男性のみ)(強く勧める)
デュタステリド内服A(男性のみ)(強く勧める)
ミノキシジル外用A(男女ともに)(強く勧める)
植毛B(自毛植毛で男性のみ)(勧める)
LEDおよび低出力レーザーB(男女ともに)(勧める)
アデノシン外用B(男性のみ)(勧める)

筆者がAGAスキンクリニックで行っている治療においては

  • デュタステリド内服
  • LEDレーザー

の2つがB以上の評価を受けていました。

費用が高かった頭皮注射がB未満の評価でした・・・(ちょっとショック)。

以下、それぞれのAGA治療の詳細内容を書いていきます。

3.それぞれのAGA治療を考察

①フィナステリド内服

推奨度:A(男性型脱毛症),D(女性型脱毛症)

推奨文:男性型脱毛症にはフィナステリドの内服を行うよう強く勧める.一方,女性型脱毛症には行うべきではない

解説:フィナステリドは,テストステロンをより強力なジヒドロテストステロン(DHT)に変換する II 型5-α 還元酵素に対する阻害剤である。

参照:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

フィナステリドは男性にのみA評価を受けているAGA治療法です。

詳しい分析内容は1番上のリンクを参照してください・・・長いです。

筆者の言葉で簡単にまとめると、

  • 男性に関して、ファイナステリド投与後6か月,24か月いずれの時点でも硬毛数が増加
  • 5年間の内服継続で99.4%の人が写真を見て発毛を実感している
  • 40歳未満の症例,重症度の症例でより高い効果を示した
筆者
要するに若いうちからのAGA治療がおすすめ

続いて,女性へのフィナステリド投与に関して、具体的な分析内容を筆者の言葉でまとめると

  • 女性へのフィナステリド投与は効果がない
  • フィナステリド投与により,男性胎児の生殖器官等にあるい影響を及ぼすことが確認されているため,妊婦や妊娠可能性のある女性へのフィナステリド投与は絶対ダメ

また,男性についてのフィナステリド投与期間は

少なくとも 6 カ月程度は内服を継続し効果を確認すべきである.なお,内服を中止すると効果は消失する

参照:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

6ヶ月以上の内服を継続し、効果を確かめる必要があるとされています。

さらには内服を中止すると効果がなくなるとのこと!

筆者
言われてみれば筆者も6ヶ月継続したら満足できる発毛効果が出てきてましたね。

②デュタステリド内服

さて、筆者も行っているデュタステリド内服の薄毛治療効果はどんな感じなんでしょうか。

推奨度:A(男性型脱毛症),D(女性型脱毛症)

推奨文:男性型脱毛症にはデュタステリド内服を行うよう強く勧める.一方,女性型脱毛症には行うべきではない.

解説:デュタステリドは,テストステロンをより強力なジヒドロテストステロン(DHT)に変換する 5-α還元酵素の I 型,II 型両者に対する阻害剤である

参照:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

フィナステリドが5-α還元酵素のⅡ型のみに効くのに対し,このデュタステリドはⅠ型,Ⅱ型の両方に効きます。

フィナステリドで効果がなかった人がデュタステリドで発毛効果を実感できたという話を聞くのは、デュタステリドの方が適用範囲が広いからだったんですね。

デュタステリドもフィナステリドと同様、男性のみ有効なAGA治療になります。

具体的な分析内容を筆者の言葉で簡単にまとめると

  • デュタステリドとフィナステリドを比較した試験では,全毛髪数と毛直径の増加についてはデュタステリドのほうが優れた効果を示した
  • 硬毛数ではデュタステリドとフィナステリドに有意な差は出ず
  • 頭頂部と前頭部の写真比較でもデュタステリドとフィナステリドに有意な差は出ず
筆者
フィナステリドよりデュタステリドの方が毛量が増え、太い毛が生えてくるといった結果ですね。

また、デュタステリドの副作用についても分析されていました。

低確率ですが性機能障害の可能性が示されています。

デュタステリドの服用においては,適切な服用が必要で,性機能障害が起きた場合は医者に相談するなど注意しておきましょう。

筆者
筆者の性機能は今のところ無事・・・なはず

続いて,女性へのデュタステリド投与について

フィナステリド同様,妊婦に投与すると DHT の低下により男子胎児の生殖
器官等の正常発育に影響を及ぼすおそれがあり女性への投与は禁忌である

参照:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

フィナステリド同様に女性へのデュタステリド投与は絶対ダメとのことです。

③ミノキシジル外用

推奨度:A

推奨文:ミノキシジル外用を行うよう強く勧める
(男性型脱毛症:5%ミノキシジル,女性型脱毛症:1%ミノキシジル)

参照:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版
筆者
ミノキシジル外用については男女ともに有効なAGA治療法と根拠が示されていました!

具体的な分析内容を筆者の言葉で簡単にまとめると

  • 5%ミノキシジル液とフォーム(泡)型5%ミノキシジルを使うと有効
  • 2%ミノキシジル液と5%ミノキシジル液を比べた実験では5%の方が有効だった

次に女性へのミノキシジル外用について、筆者の言葉でまとめると

  • ミノキシジルは女性の発毛に効果あり
  • 液の濃度が上がるにつれて,相対危険度が増す
  • 2%ミノキシジル液と5%ミノキシジル液には発毛効果に有意な差はない
  • 1%ミノキシジル液でも有意な発毛促進効果が見られる
筆者
女性がミノキシジル液を使用する場合は男性よりも濃度が薄いもので有意な発毛効果があるようです。逆に濃度が濃くなると危険です。

次に,ミノキシジル外用の副作用については

  • かゆみ
  • 紅斑
  • 皮膚がフケのようにボロボロ剥がれ落ちる(落屑)
  • 毛包炎
  • 接触皮膚炎
  • 顔面の多毛

があるそうです。

筆者
このような症状が出た場合は、AGAクリニックに要相談ですね。

男性の比較試験では5%ミノキシジル液のほうが,2%ミノキシジル液よりも皮膚症状の出現率が高いようです。

女性の比較試験ではミノキシジルの濃度によっても,皮膚症状の出現率にばらつきがあるようです。

 以上のように,ミノキシジル外用の発毛効果に関して,高い水準の根拠があるので,男性型脱毛症に 5%ミノキシジル,また女性型脱毛症に 1%ミノキシジルを外用するよう強く勧める

参照:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

以上より,男性型AGAには5%ミノキシジル,女性型AGAには1%ミノキシジルの外用が推奨されています。

ミノキシジル外用は女性にとって数少ないAGA治療法の1つです。

④植毛(自毛植毛と人工毛植毛)

筆者も少し気になっている自毛植毛と人工毛植毛の紹介です。

推奨度:自毛植毛術は B(男性型脱毛症),C1(女性型脱毛症).人工毛植毛術は D.

推奨文:男性型脱毛症には自毛植毛術を行うよう勧める.女性型脱毛症には自毛植毛術を行ってもよい.一方,男性型脱毛症・女性型脱毛症ともに人工毛植毛術を行うべきでない.

参照:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

具体的な分析内容を筆者の言葉でまとめると

  • 自毛植毛の生着率は82.5%と高い数字。
  • 人工毛植毛に関しては有害事象の報告が多数あり,アメリカの食品医薬品局が人工毛を禁止しているほど

以下,植毛の利用に関しては

フィナステリド・デュタステリドの内服,ミノキシジル外用で効果がない場合で、他に手段がないときに自毛植毛を検討すべき

と述べられています。

筆者
自毛植毛は内服薬や外用薬で効果がない人の最後の希望といったところでしょうか

⑤LED および低出力レーザー照射

筆者も使用しているLED照射に薄毛改善効果は見られるんでしょうか。

推奨度:B

推奨文:LED及び低出力レーザー照射を行うよう勧める.

参照:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

見事、推奨度B評価を受けていました。

LED照射は根拠のある薄毛治療法ということでした。

以下,具体的な分析内容を筆者の言葉でまとめると

  • 男性・女性ともにレーザー照射によって,有意な発毛あり
  • 低確率だが、副作用として「照射部皮膚の乾燥・瘙痒・瘙痒・ひりつき・温熱感」あり

筆者もLED照射を行っていますが、上記のような副作用は感じていません。

筆者
LED及び低出力レーザー照射は女性にも有効なAGA治療法でした

⑥アデノシンの外用

アデノシンとは育毛剤でよく使用されている成分のことです。

推奨度:B(男性型脱毛症),C1(女性型脱毛症)

推奨文:男性型脱毛症にはアデノシンの外用を行うよう勧める.女性型脱毛症には行ってもよい.

参照:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

男性のみ推奨度がB評価という結果でした。

以下、具体的な分析内容を筆者の言葉でまとめると

男性のアデノシン外用に関して、

  • 軟毛率が有意に減少し,太毛率が有意に増加
  • 頭髪の密度も有意に増加

次に女性のアデノシン外用に関して

アデノシンを外用することにより,成長期毛伸長率・太毛率が有意に増加

が確認できています。

しかし、下記のとおり

女性のアデノシン使用に関しては有効性を示す根拠がまだ不足していますが、副作用が軽微な点等を踏まえ、推奨度はC1となっています。

 以上のように,アデノシンの発毛効果に関しては,男性に対する有効性を示す十分な根拠があるため,外用療法を行うよう勧める.一方,女性に対する有効性を示す根拠はまだ不足しているが,副作用が軽微な点や女性用の製品が販売されている点も考慮し,外用療法を行ってもよいことにする

参照:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

4.薄毛治療の科学的根拠 まとめ

日本皮膚科学会から発表されているガイドラインから有効な薄毛治療をまとめました。

結果的に、推奨度B(勧める)以上の評価を得ているAGA治療法は以下のとおりでした。

aga治療内容推奨度
フィナステリド内服A(男性のみ)(強く勧める)
デュタステリド内服A(男性のみ)(強く勧める)
ミノキシジル外用A(男女ともに)(強く勧める)
植毛B(自毛植毛で男性のみ)(勧める)
LEDおよび低出力レーザーB(男女ともに)(勧める)
アデノシン外用B(男性のみ)(勧める)

筆者がAGAスキンクリニックで受けている治療の中では

  • デュタステリド内服
  • LEDレーザー照射

がB以上の評価を受けており、自分の薄毛治療の科学的根拠を確認でき、安心しました。

また、このガイドラインでは女性にも有効なAGA治療法も解説されており、女性の薄毛に悩む方も参考にできると思います。

女性については絶対にしてはならない薄毛治療も解説されているのでAGA治療の際はクリニックのお医者さんと相談しながら進めていきましょう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

eggtomo

20代で薄毛に悩み始め,25歳になり,AGAスキンクリニックにてAGA治療を開始しました。現在はある程度髪の毛が生えてきて,自分に自信が持てるようになりました。

-AGA・薄毛, AGA・薄毛治療, AGA・薄毛特徴
-, , , ,

© 2022 薄毛を放置し後悔した男のAGA治療成功体験談 Powered by AFFINGER5